9月 24th, 2013

製造などのラインをオートメーション化するというときにはどのくらいの規模でいっていくのかということなどを考えていくことが重要になります。
精密な動作を高速で行える作業機械などは高価なものですし、確実な製造を行うようにするためにはチェックをするパートを設けていく必要がありますから速度や生産量などの面を考えながら設計していくということが必要になります。生産量などの兼ね合いで一部オートメーション化するというような構造のほうがコスト的にはよいという状況もあります。
熟練のスタッフによる手作業とシンプルな動作の作業機械によるラインを組み合わせていくことで確実性や精密性と効率化を同時に達成していくということが出来るようになります。
熟練の技術などをそのまま再現してオートメーション化するということを考える場合にはセンサー部分などについてしっかりと投資をしていくということが重要になります。
熟練工の場合には日ごろの慣れや細やかな動作によりミクロ単位での修正が可能になっているという場合があります。こうした高い技術を再現してよい製品を作れるようにするためには判定をするためのセンサーを十分な機能にしていくということが必要になります。
オートメーション化するときには生産ラインの生産量をどうするのかということを考えることも必要ですよね。丁寧に作業をする必要がある場合にはりテイクなどの必要が出てくる可能性なども含めた上で一日の作業量を決めていかないとクオリティを維持するということが難しくなる場合があるからですよね。
全体的なバランスについて常に注視した上でオートメーション化したラインを導入できるようにしていくと効率的ですし、手仕事にかかる負担を減らすことが出来るので余裕を持って一つ一つの製品に目を向けていくことが出来るようになるというメリットがあります。
材料の段階から加工をして梱包や発送まで行うと考えて、どの部分を担わせるのかということが重要ですよね。